吉ざえもん農園の歴史

青森津軽で1世紀近く続くりんご農家吉ざえもん農園の歴史です。
雪会いりんご誕生までのよもやま話です。
雪会いりんごとは、吉ざえもん農園のサンフジにつけた愛称です。

吉ざえもん農園の気まま日記

吉左衛門じぃちゃんの遺品?

倉庫でガサゴソ探し物をしていて、偶然発見した、当農園を始めた吉左衛門じぃちゃんの遺品が出てきました。 吉ざえもん農園は、この吉左衛門じぃちゃんの名前を冠しています。 吉ざえもん農園の今があるのは、この吉左衛門じぃちゃんの連れ合い...
吉ざえもん農園の歴史

番外編|りんごの里・板柳町のりんごの歴史

板柳町は「りんごの里」です。なぜそう呼ぶのか、今回は板柳町誌から紹介いたします。 本県(青森県)に初めてりんごの苗木が入ったのは、明治8年(1875年)である。時の内務省勧業寮からアメリカ産の苗木が配布されたのに始まる...
吉ざえもん農園の歴史

雪会いりんごとは

雪会いりんごは、吉ざえもん農園で採れるりんごに付けた名前です。 雪会いりんごは、晩秋の一番最後に収穫するりんごです。 それは、サンふじ。 雪会いりんごの名前の由来は、真っ赤に完熟したサンフジが、 津軽の冬の訪れである初雪に...
吉ざえもん農園の歴史

平成の吉ざえもん農園の様子

今、みえバーちゃんが遺したりんご畑を守っているのは、7代目の女房、津軽のおかーちゃんです。 津軽のおかーちゃんは、みえバーちゃんと同じように、いろいろ試すのが大好き! それが吉ざえもん農園の雪会りんごの誕生につながりました。 ...
吉ざえもん農園の歴史

吉ざえもん農園のみえバーちゃんと私

みえバーちゃんが夜遅くまで提灯を提げて働き続け、そうして大きくなったりんご畑は、3町歩ありました。 その畑の中の1本1本のりんごの樹を一番知っていたのがみえバーちゃんでした。 70歳過ぎるまで、毎朝お弁当を持って、自転車でりんご...
吉ざえもん農園の歴史

吉ざえもん農園の始まり

吉ざえもん農園とは、明治生まれのみえバーちゃんが、一人で切り盛りしていたりんご畑が始まりです。 そして、農園の名前の由来、それはみえバーちゃんの旦那さんのお名前です。 漢字で書くと、吉左衛門。 明治生まれなのに、吉左衛門なんて...
タイトルとURLをコピーしました