朝一番で加工用りんごを出してきた

2016年11月14日


りんご収穫最盛期、畑も市場もワイワイガヤガヤですが、もう一ヶ所賑わっているところがあります。

それが加工用りんごを買い付ける業者さんのところです。

落ちたりんご、青くて売り物にならないりんご、傷のついたりんご、虫喰いりんご等々、生食用に出せないりんごが集まるところです。

こういうところに集まったりんごが、大手のジュースになったり、ジャムの増量材になったり、りんご由来の添加物に変身します。

今年は市場に出てるりんごが品薄なので、加工用が溢れているのかと思いきや、加工用も品薄みたいで、昨年の倍の価格がついています。

といっても、200円が400円ですが。(単位は1キロでも10キロでもないですよ~)

春先の黒星病の影響があるようですね。(黒星病は伝染するので、感染したりんごは、徹底して夏前に落としました)

ということで、今年はりんごが高値傾向ですが、吉ざえもん農園では、例年通り、1段詰め2100円プラス送料となっております。

2016ジョナゴールド

タグ: ,